農業アルバイト求人サイトの比較ランキング
農業アルバイト > 基礎知識 > 農業所得による確定申告について

農業所得による確定申告について

ランキングはこちら

PAK85_kakuteishinkokupen20140312231341_TP_V

農業所得のある人は個人事業主

この項では、農業所得がある場合の確定申告について説明したいと思います。

○確定申告とは

簡単にいえば、確定申告は所得にかかる税金を払うための手続きをいいます。

個人所得の計算期間は、1月1日~12月31日の1年間。

確定申告書や決算書などの必要書類を揃えて、翌年の2月16日~3月15日までに税務署へ申告・納税する義務があります。

当然のことですが「農業所得がある人=個人事業主」になるので、確定申告をしなければいけません。

農業所得のある人は白色申告

そして農業所得がある人は、確定申告の中でも白色申告をしなければいけません。

白色申告は青色申告と比べて、簡単に確定申告できる方法をいいます。

例えば、「貸借対照表の提出が不要/帳簿も取引ごとにすべて記載するのではなく日々の合計金額を一括記載する方法」で申告することができます。

ではここで、農業収入の簡単な記入方法を説明したいと思います。

○農産物の収穫に関する記載事項

「農産物の収穫の年月日/農産物の種類/農産物の数量」を記載することになります。

ただし米や麦など他の穀物以外の農産物は、収穫に関する事項を記載する必要はありません。

○「農産物/繭(まゆ)/畜産物」などの売上や家事消費等に関する記載事項

「取引の年月日/売上先やその他取引の相手方/金額」を記載することになります。

・少額な費用は、1日単位で項目ごとの合計金額を記載することができます。

・納品書控などの証明書類が保存されている場合、1日単位にまとめて取引金額を記載することができます。

・掛売上の取引がある場合、納品書控の内容確認することができれば、入金が発生した時点で現金売上として記載することができます。

・「農産物を自分自身の事業で使用したり家庭で消費/繭や畜産物などを家庭で利用・消費」した場合、消費した合計金額&合計数量を種類別に見積もって年末にまとめて記載することができます。

白色申告の理由

しかし何故、農業所得のある人は白色申告でいいのでしょうか。

何故なら農業によって得られる収入は、天候不良などさまざまな予期せぬ原因によって収支が大きく影響されるからです。

例えば青色申告だった場合、発生する必要経費など正しく計上することが難しくなります。

また、農業所得を上げるための費用の流れがわかりにくくなってしまいます。

だから農業所得のある人の確定申告は、青色申告でなく白色申告で統一されているのです。

農業求人サイトのおすすめ比較ランキング!

リゾバ.com

求人件数2,500件以上
掲載エリア全国のリゾート地
情報量写真付き・高待遇満載
その他マンツーマンでサポート

求人を見る

ハッシャダイリゾート

求人件数200件以上
掲載エリア沖縄や北海道など
情報量チャットやラインで問合せ可能
その他渡航費お祝い金制度あり

はたらくどっとこむ

求人件数1000件以上
掲載エリア全国のリゾート地
情報量写真付き・高待遇多数
その他コーディネーターがサポート
農業求人サイトおすすめランキング

基礎知識

条件で探す

農業の仕事

Copyright© 農業アルバイト All Rights Reserved.